一緒に住んでいる親とか兄弟に…。

コレステロール値を確かめて、含有量の多い食品は摂り過ぎないようにしたほうが良いでしょう。中には、コレステロールを多く含む食品を体の中に入れますと、一瞬にして血中コレステロール値が上がる人も見られるのです。
セサミンと呼ばれているものは、ゴマに入っている成分なのですが、1粒の中に僅か1%未満しかないので、希望通りの効果を得たいという場合は、ゴマを食べるのも良いですが、サプリも活用すべきです。
コンドロイチンと称されるのは、関節を正常に動かすために必要な軟骨に内包されている成分です。関節部分の骨と骨のぶつかり防止であったり衝撃を抑えるなどの欠くことができない役割を担っています。
ムコ多糖類の仲間であるコンドロイチンの一部分を占める成分がグルコサミンであり、実際のところは、このムコ多糖類が関節だったり皮膚の組織の弾力性を向上させ、瑞々しさを守る働きを為していることが分かっています。
「便秘のせいで肌荒れがすごい!」みたいな話しを聞くことがありますが、これに関しましては悪玉菌が原因だと想定されます。因って、悪玉菌の作用を抑えるビフィズス菌を身体に摂り込めば、肌荒れも知らぬ間に改善されると思います。

脂肪細胞内に、使い切ることができなかったエネルギーが溜め込まれたものが中性脂肪であり、酸性とアルカリ性のいずれの性質も持っているので、こういった名称が付けられたのだそうです。
セサミンには肝臓で発生する活性酸素を排除し、肝細胞の働きをスムーズにする作用があることが証明されています。それにプラスして、セサミンは消化器官を通過しても分解される心配もなく、ちゃんと肝臓に達する有り難い成分でもあるのです。
コエンザイムQ10と申しますのは、細胞を構成する成分であることが分かっており、体の機能をきちんと保持するためにもどうしても必要な成分だと言えるのです。そんなわけで、美容面又は健康面において多岐に亘る効果を期待することが可能です。
一緒に住んでいる親とか兄弟に、生活習慣病の人がいるという場合は、気を付けなければなりません。親とか兄弟といいますのは、生活習慣がほとんど同じだと考えられますので、同じ系統の病気になることが多いとされているのです。
EPAとDHAの両方ともに、中性脂肪であるとかコレステロールを引き下げるのに効果を齎しますが、コレステロールに対しましてはDHAの方が、中性脂肪に対してはEPAの方が実効性があると言われております。

グルコサミンは軟骨のターンオーバーを促し、老化を抑えるような働きをするのですが、もう一つのコンドロイチンは、軟骨の保水力だったり柔軟性をレベルアップさせる効果があると考えられています。
色々な効果を有しているサプリメントとは言っても、闇雲に飲むとか一定の薬と並行して飲用しますと、副作用が生じることがあるので気を付けなければなりません。
意外と家計に響かず、それでいて健康に寄与すると評価されているサプリメントは、老いも若きも関係なくたくさんの方にとりまして、強力な味方になりつつあると言ってもいいでしょう。
元来生命を維持するために欠かすことができない成分だと言えるのですが、欲求に任せて食べ物を口にすることができる現代は、当然のように中性脂肪が蓄積されてしまうのです。
マルチビタミンと申しますのは、色々なビタミンを配合したサプリメントなのです。ビタミンに関しては何種類かを、配分バランスを考慮しセットのようにして体内に摂り込むと、より一層効果的だと言われています。

医者に行った時に頻繁に聞くことがある「コレステロール」は…。

EPAとDHAは、両者とも青魚にたっぷりと含有されるオメガ3系の脂肪酸です。血液を流れやすくしたり、脳の働きを活発にする効果が実証されていて、安全性が極めて高い成分なのです。
EPAを摂ると血小板が相互に付着しにくくなり、血液がサラサラ状態になります。一言で言えば、血液が血管で詰まることがほとんどなくなるということを意味しているのです。
セサミンには血糖値を降下させる効果や、肝機能をより良くする効果などが期待でき、栄養補助食品に含まれている栄養として、現在人気を博しています。
医者に行った時に頻繁に聞くことがある「コレステロール」は、殊更太っている方なら誰であっても気にされる名称ではありませんか?稀に命が危険にさらされることも想定されますので、日頃から気を付ける必要があります。
コレステロールをたくさん含んでいる食品は口に入れないようにすべきでしょう。一定の割合で、コレステロール含有量の多い食品を口に入れると、すぐさま血中コレステロール値が上がる人も見られるのです。

DHAであったりEPAが摂取できるサプリメントは、ハッキリ言って医薬品とまとめて摂っても体調を崩すようなことはないですが、可能ならばいつも診てもらっているドクターにアドバイスをしてもらう方が安心でしょう。
コンドロイチンとグルコサミンは、双方共に生まれた時から身体の中に存在している成分で、何と言っても関節を普通に動かすためには欠かすことができない成分だと言われます。
マルチビタミンと呼ばれるものは、色々なビタミンを凝縮させたサプリメントなのです。ビタミンと呼ばれているものは複数を、適正なバランスで合わせて体内に取り入れますと、より一層効果的だと言われています。
コレステロールと呼ばれているものは、生命維持活動をする為に間違いなく必要な脂質だと言明できますが、過多になりますと血管壁に蓄積し、動脈硬化に結び付きます。
滑らかな動きというものは、体の関節部分にある軟骨が衝撃吸収材の役割を果たしてくれることによって可能になるのです。だけど、この軟骨を構成する素材のひとつであるグルコサミンは、年を取れば取るほど減少することが明らかになっています。

病気の名が生活習慣病と決まったのには、病気の原因をなくすように、「日常の生活習慣を良化し、予防にも気を配りましょう!」というような意識改革的な意味もあったようです。
人体内には、何百兆個もの細菌が存在していると言われています。これら膨大な数の細菌の中で、体にとって重要な役割を果たしてくれますのが、よく知られている「善玉菌」であり、その中心的な存在がビフィズス菌なのです。
グルコサミンは軟骨を再生させ、老化を食い止める働きをしますが、ここでご案内するコンドロイチンは、軟骨の保水力や柔軟性を向上させる効果があると伝えられています。
ビフィズス菌がいる大腸は、人の消化器官の最後の要所と言うことも出来ます。この大腸で悪玉菌が蔓延りますと、排便といった生命維持活動の基本となる代謝活動が妨げられる形となり、便秘が齎されてしまうのです。
セサミンと言いますのは、ゴマに含まれている栄養素の一部なのですが、1粒中に僅少の1%未満しかないので、思い描いている効果を手にしたいとお考えなら、ゴマを食べるだけではなく、サプリなども取り入れるべきです。

ムコ多糖類に属するコンドロイチンに内包されている成分がグルコサミンであり…。

ビフィズス菌に関しましては、ヨーグルトと共に話題にのぼることが多いので、頻繁に「乳酸菌の一種に違いない」などと聞こえてきますが、正解は乳酸菌とは全然別の善玉菌に類します。
ムコ多糖類に属するコンドロイチンに内包されている成分がグルコサミンであり、実際のところは、このムコ多糖類が関節や皮膚の組織の柔軟性をレベルアップし、潤いを保つ役割をしているわけです。
コレステロール含有量が高めの食品は避けるようにしたほうが良いでしょう。はっきり言って、コレステロール値が高めの食品を食べると、みるみるうちに血中コレステロール値が高くなる人も見られます。
生活習慣病については、ちょっと前までは加齢が要因だとされていたこともあり「成人病」と呼称されていたのです。だけども生活習慣がよくない場合、成人に達しない子でも症状が表出してくることがわかり、平成8年に名称が変更されたのです。
セサミンには血糖値を正常化する効果とか、肝機能をアップさせる効果などがあるようで、健康補助食品に取り入れられる栄養として、近年人気絶頂です。

親兄弟に、生活習慣病に陥っている人がいるような方は、気を付けてほしいと思います。親とか兄弟姉妹というのは、生活習慣がほぼ同一ですので、同じ様な病気に罹患しやすいと考えられているのです。
コンドロイチンとグルコサミンは、双方とも生まれたときから人の体内に備わっている成分で、基本的に関節を通常通りに動かすためには欠かすことができない成分だと言っても過言ではありません。
DHAとEPAの両方が、コレステロールや中性脂肪を引き下げるのに役立ちますが、コレステロールに対してはDHAの方が、中性脂肪に対してはEPAの方が効果を発揮すると指摘されています。
体内にある血管壁に付いているコレステロールを肝臓に持ち帰る役割を果たすHDL(善玉)と、肝臓にストックされているコレステロールを体内のすべての組織に運搬するという役割を持つLDL(悪玉)があるわけです。
マルチビタミンというのは、人が要するビタミン成分を、配分バランスを考えて1錠に詰め込んだものですから、低レベルな食生活をしている人には丁度良い品だと言って良いでしょう。

コンドロイチンは、我々人間の皮膚であるとか角膜などを構成している成分のひとつでもあるわけですが、際立ってたくさん内包されているのが軟骨だと聞かされました。人間の軟骨の3割以上がコンドロイチンだと聞かされました。
日常的な食事では確保できない栄養成分を補充することが、サプリメントの役割だと思っていますが、もっと積極的に摂取することで、健康増進を目的とすることも大事だと言えます。
DHAというのは、記憶力を上げたり精神的な落ち着きを齎すなど、学習能力もしくは心理面に関係する働きをすることが明確になっています。それに加えて視力の修復にも実効性があります。
病気の名が生活習慣病と決められたのには、病気の原因を根絶するためにも、「あなたの生活習慣を良くし、予防を意識しましょう!」といった啓発的な意味も含まれていたのです。
コレステロール値が正常範囲をオーバーする原因が、偏に脂たっぷりのものを好んで食べているからと思っている方も少なくないようですが、その考えですと二分の一のみ合っているということになるでしょう。

セサミンには血糖値を抑制する効果や…。

人々の健康保持・増進に肝要な必須脂肪酸であるDHAとEPA。これら2種類の健康成分をいっぱい含む青魚を連日食することが大切なのですが、食の欧米化などの影響で、魚を食べる機会が確実に少なくなってきています。
諸々のビタミンを入れ込んだものをマルチビタミンと呼びます。ビタミンについては、いろんな種類をバランス良く身体内に取り入れた方が、相乗効果を期待することができると指摘されています。
日本国内においては、平成8年からサプリメントの販売が出来るようになったとのことです。類別としましては健康機能食品の一種、または同一のものとして認知されています。
人は休むことなくコレステロールを作り出しているのです。コレステロールというのは、細胞膜を構成しているメインの成分の一種で、生命維持活動に要される化学物質を生成するという段階で、原材料としても消費されます。
セサミンには血糖値を抑制する効果や、肝機能を高める効果などがあると言われており、栄養機能食品に含まれている栄養成分として、近頃人気を博しています。

中性脂肪を少なくしたいと思うなら、特に重要になりますのが食事の摂り方だと考えられます。どんな物をどのように食べるのかによって、中性脂肪の増加率はそれなりにコントロールできると言えます。
血中コレステロール値が高めだと、思いがけない病気になる可能性が高くなります。とは言うものの、コレステロールが必須とされる脂質成分の1つだということも間違いありません。
生活習慣病につきましては、古くは加齢が要因だということから「成人病」と命名されていたのです。けれども生活習慣が乱れますと、中学生などでも症状が表出することがわかり、平成8年に呼称が改正されたわけです。
コレステロールを低減させるには、食べ物の内容を改善したりサプリをのむという様な方法があると聞きますが、実際にスムーズにコレステロールを減らすには、どんな方法が良いと思いますか?
病気の名前が生活習慣病と改定されたのには、病気の原因を作らないためにも、「自分自身の生活習慣を改め、予防に励みましょう!」というような啓発的な意味も含まれていたのです。

マルチビタミン以外にサプリメントも摂取しているなら、栄養素すべての含有量を調査して、過度に利用することがないようにした方がいいでしょう。
コンドロイチンは、我々人間の皮膚であるとか角膜などを構成する一成分としても知られている存在ですが、殊に豊富に内在するのが軟骨だそうです。私達人間の軟骨の3分の1超がコンドロイチンだと発表されています。
中性脂肪を減らす為には、食事の内容を改めることが重要ですが、更に適度な運動に取り組むと、更に効果が出るでしょう。
食事内容そのものが乱れまくっていると感じている人や、もっと健康になりたい人は、とにかく栄養素が盛りだくさんのマルチビタミンの補給を優先すべきだと思います。
マルチビタミンには、全部のビタミンが含まれているものとか、幾つかの種類だけ含まれているものが存在しており、それぞれに詰め込まれているビタミンの量も違っています。

眠れない時どうしていますか?

時々、夜に寝れない時があります。そんな時、どうしていますか?

私の対処法は、開き直って起きる事にしています。明日の為に、「寝ないと!」と、思えば思うほど寝れなくなるからです。翌日も仕事があるけど、仕事から帰ってからまだしんどかったら寝たらいいんだからと自分に言い聞かせています。

起きている時、何をするかと言うと小説を読みます。以前は、スマホとかパソコンを見てたんですが、あのライトの光が余計に眠れなくなると聞いたので、本を読む事にしています。

そのおかげで、読み疲れた頃に少し眠くなって多少は眠れるのです。

しかし、この前にある失敗をしてしまいました。その失敗とは、「本選び」です。夫が好きな作家さんの本をまとめて買ってくるので、それをいつも読んでいますが、その中にホラー系のミステリーがあったんです。

本の表紙には、オカルトじみた事は書いてなかったので、いつものサスペンスだと思っていたら、サイコ的な要素のある幽霊系の内容だったんです。

でも、もう遅かりし。どんなに怖くてもその先のストーリーが気になって気になって仕方がないのです。

おかげで、怖さでドキドキ興奮して逆に眠れなくなってしまいました(笑)

寝れない時の対処法として、本を読むのは良い事だと思いますが、くれぐれも内容には気をつけなければと思いました。汗

それにこりて、寝つきが悪い時や中途覚醒が続いた時には、寝れなくてイライラする睡眠サプリメントを飲むようにしています。

私に合ってるのか、よく眠れるようになりました。最初からこれを飲んでいれば良かったです(笑)

紫外線への対策も必要

加齢肌への対策として第一は保湿と柔らかな潤い感を回復させることが大切だと思いますお肌に大量の水分を保持しておくことで、肌に本来備わっているバリア機能がしっかりと作用します。

基本的に市販されている美肌効果のある化粧品や健康補助食品・サプリに使用されているプラセンタは馬や豚の胎盤から抽出したものが主なものです。安全性の点から判断しても、馬や豚が由来のものが間違いなく一番安全に使えるものだと思います。

毎日キレイでいるために欠かすことのできない存在のプラセンタ。近頃は化粧水などの化粧品やサプリなど様々な品目に効果が実感できるほどに添加されています。ニキビやシミのようなトラブルの改善や美白などいろんな有益性が大いに期待されているパワフルな美容成分です。

20歳過ぎてからの肌トラブルが起きる原因のほとんどはコラーゲンが十分に足りていないことによるものなのです。皮膚の真皮層のコラーゲン量は加齢とともに低下し、40歳代に到達すると20歳代の時期の5割前後しかコラーゲンを作り出すことができないのです。

元来ヒアルロン酸は人の皮膚や細胞などのあらゆる部分に広範に存在する、ネバネバとした粘性が高い液体を示し、生化学的な言い方をするとムコ多糖類の一成分であると解説することができます。

美容液を利用したからといって、誰もが必ず白くなるとは断言できません日常的な紫外線への対策も必要です。なるべく日焼けをしないで済む手立てを考えておくのがいいでしょう。

ヒアルロン酸とはそもそも人間の身体の至る部位にある成分で、驚異的に水を保持する秀でた特長を持った保湿成分で、極めて大量の水を貯蔵して膨らむことが可能です。

化粧水の使い方に関しては「化粧水をちまちまと使っても効果はない」「浴びるようなイメージで使うのが一番」という話を聞きますね。確かな事実として化粧水を使う量はほんの少しより多く使う方がいい結果が得られます。

よく耳にするコラーゲンという物質はタンパク質の一つで、幾種類ものアミノ酸が集合体となって構築されている物質のことです。人体の結合組織を構成するタンパク質のうちおよそ30%超がコラーゲン類で占められています。

ちょっとした刺激でヒリヒリしやすい敏感肌やエアコンなどで悪化しやすい乾燥肌で困っている方にお伝えすべきことがあります。あなたの肌の問題を更に深刻化させているのはひょっとしてですが普段お使いの化粧水に含まれている添加物と考えてもいいかもしれません!

スキンケアの基本といっても過言ではない化粧水を顔に使用する時には、まず程よい量を手のひらに乗せ、温かくするような感覚で掌いっぱいに伸ばし、顔全体を包み込むようにソフトに塗布してなじませます。

利用したい企業の新商品が1パッケージになっているトライアルセットも販売されていて好評です。メーカーにとって相当販売に注力している新発売の化粧品を一式でパッケージにしているアイテムです。

多種類の成長因子が含まれるプラセンタは絶えることなく新鮮な細胞を作るように働きかける作用があり、内側から全身の組織の隅々まで細胞という基本単位からダメージを受けた肌や身体を若返らせてくれるのです。

美容液とは、そもそも美白とか保湿のような肌に有効な働きをする成分が高い濃度で入っているせいで、一般の基礎化粧品類と見比べると製品価格も少々高価になります。

「美容液は割高だからほんの少しずつしか塗布しない」とおっしゃる方もいますが、肌のために作られた美容液をケチるのなら、化粧品そのものを購入しないことにした方が、その人にしたら賢明なのではとさえ思うのです。

数多くの方が…。

様々なところで頻繁に耳に入る「コレステロール」は、年を取れば誰もが気になる名前だと思います。場合によっては、生命が危機に瀕することも十分あるので注意することが要されます。
生活習慣病の要因であると考えられているのが、タンパク質などと繋がり「リポタンパク質」として血液中を浮遊しているコレステロールなのです。
高齢になればなるほど、身体の中で作ることが難儀になると指摘されるグルコサミンは、カニもしくはエビの殻に多量に含まれているアミノ糖の一種で、通常の食事だけでは摂ることが困難だと言える成分だとされています。
ビフィズス菌というのは、ヨーグルトと共に話題にのぼることが多いので、頻繁に「乳酸菌の仲間じゃないか」などと耳にすることもあるのですが、現実には乳酸菌なんかじゃなくて善玉菌の一種なのです。
数多くの方が、生活習慣病が原因で命を落とされています。簡単に発症する病気だとされているのに、症状が出ないので医者に行くというような事もなく、深刻化させている人が少なくないのです。
グルコサミンは軟骨の新陳代謝を助長し、老化スピードを鈍らせる作用をしますが、もう一方のコンドロイチンは、軟骨の保水力だったり柔軟性を高める働きをするということが分かっています。
中性脂肪を減らしたいと思うのなら、断然大事になるのが食事の仕方だと思います。何をどの様に食べるかによって、中性脂肪の量は相当調整できるのです。
セサミンは健康のみならず美容の方にも有用な栄養成分で、この成分を食事から摂取するというなら、ゴマを食べるべきでしょう。セサミンが特に大量に内包されているのがゴマだという理由です。
機能的には薬品と同じ様に感じられるサプリメントも、日本国内においては食品に類別されています。そういう理由から、医薬品みたいに制約が厳しくなく、どんな人でも開発や売ることができるというわけです。
「細胞のエイジングだとか身体の機能が円滑さをなくすなどの元凶の一つ」とされているのが活性酸素なのですが、セサミンにはこの活性酸素によって生じる害を封じ込む作用があることが実証されているとのことです。
運動をするとか食事内容を改善するとかで、ビフィズス菌を増すことが一番有効ですが、易々とは生活サイクルを変えられないと感じる方には、ビフィズス菌が混入されたサプリメントをおすすめしたいと思います。
DHAとEPAは、双方共に青魚にたっぷりと含有されるオメガ3系の脂肪酸です。血液の流れを正常化したり、脳の働きを進展させる効果があるとされ、安全性も保証されている成分なのです。
DHAと申しますのは、記憶力をUPさせたり精神的な安定感を引き出すなど、頭脳ないしは精神面に関する働きをすることが実証されています。加えて視力改善にも効果的です。
コエンザイムQ10と言われているのは、細胞の元となる成分であることが明らかになっており、体を正常に働かせるためにはどうしても必要な成分だと言えるのです。そういった理由から、美容面だったり健康面におきましてたくさんの効果を望むことが可能なのです。
年を取れば取るほど関節軟骨が摩耗し、その為に痛みに見舞われるようになりますが、グルコサミンを摂取することで、関節軟骨があるべき姿に近づくと言われているのです。

オメガ3脂肪酸と呼ばれているのは…。

食事内容を改善するとか運動をするとかで、ビフィズス菌を増やすことが望ましいと言えますが、なかなか平常生活を変えることは不可能だと考える方には、ビフィズス菌が入っているサプリメントをおすすめしたいと思います。
人体には、何100兆個という細菌が存在しているとのことです。これらの細菌の中で、体にとって有益な働きをしてくれていますのが「善玉菌」と言われているもので、その代表的な一種がビフィズス菌になります。
ビフィズス菌が腸内で繁殖中の悪玉菌の数を減じることにより、身体内全ての組織の免疫力をレベルアップすることが期待できますし、それによって花粉症を始めとしたアレルギーを軽くすることもできるのです。
ご存じないかもしれませんが、ビフィズス菌は年齢を重ねればその数が少なくなります。これに関しては、どんなに適正な生活をし、バランスの取れた食事を意識しても、自然と減ってしまうわけです。
年を取るにつれて関節軟骨の量が減り、それが原因で痛みが出てきますが、グルコサミンを服用することで、関節軟骨が健全な状態に戻ることが実証されています。
「中性脂肪を減らしてくれるサプリメントが現実にあるのだろうか?」などと信じられない人が多いのも当然かと思われますが、驚くべきことに医療関係施設でも研究がされているとのことで、効果があると発表されているものもあるそうです。
年齢を重ねれば重ねるほど、身体内で生成することが容易ではなくなると言われているグルコサミンは、カニ又はエビの殻にいっぱい含まれているアミノ糖のひとつで、普通の食事だけでは摂取することが困難な成分だというわけです。
ビフィズス菌の居場所である大腸は、人間の消化器官の最後の砦とも言えるのです。この大腸で悪玉菌が必要以上に繁殖しますと、排便を始めとした大事な代謝活動が妨げられる形となり、便秘になってしまうのです。
セサミンには、全身で生じてしまう有害物質または活性酸素を取り払い、酸化を食い止める効果がありますから、生活習慣病などの予防であったりエイジング抑制などにも効果が期待できると思います。
サプリメントを摂取する前に、現在の食生活を改良するべきです。サプリメントで栄養を堅実に補充さえしていれば、食事は好きな物だけ食べていれば良いなどと考えてはいないでしょうか?
1個の錠剤中に、ビタミンを諸々含めたものをマルチビタミンと呼ぶのですが、何種類ものビタミンを素早く服用することができると高い評価を得ています。
平成13年前後より、サプリメントないしは化粧品として人気だったコエンザイムQ10。現実的なことを言えば、人が生きていくために欠かすことができないエネルギーの凡そを生み出す補酵素という位置付けです。
オメガ3脂肪酸と呼ばれているのは、健康に寄与する油の一種で、悪玉コレステロールの量を低減したり中性脂肪を少なくする作用があるということで、熱い視線が注がれている成分だそうです。
日本国内では、平成8年よりサプリメントが市場に並べられるようになったそうです。基本的には健康食品の一種、または同種のものとして位置づけられています。
生活習慣病につきましては、前は加齢が誘因だという判断を下されて「成人病」と言われていたのです。しかしながら生活習慣が乱れると、20歳未満の子供でも症状が現れることがわかり、平成8年に名称が変更されたのです。

産後の頭皮のかゆみ

ついつい飲み過ぎて食べ過ぎてドラマを見て独り言。

最近、旦那の帰りが遅いので待ってる間、ビールとおつまみ片手にドラマばっかり見ている。

今、好きなのは「あなそれ」と「リバース」。

あなそれは、東出さん演じる涼ちゃんの怖さと、怖い中にも涙を流しているとなんか可哀そうになってくるというか、複雑な心境になってくる。

でも、一番怖いのは仲りいささん演じる、麗華だな。

なんで仲りいさがあんな地味な役を・・・と思っていたのが、回を重ねるごとに分かってくる。

あれは、相当な演技力が無いと難しいかもしれない。

演技力と言えば、リバースの藤原竜也さんも秀逸だ。

竜也さんといえば、デスノートやカイジ、志々雄など狂気をはらんだ役やクズ役も多いけど、そうでない役もたくさん演じている。

僕街も良かったし、NHKの海底の君へも良かった。

でも、今はなんといってもリバースの深瀬が一番似合ってる。というか良い!

実際の藤原さんとは真逆な青年を演じているはずだけど、あのどんくさい感じやダサすぎる感じが見ているうちにクセになってくる。

可愛くて癒される。そんな深瀬を丁寧に演じている藤原さん、凄い俳優だと思う。

犯人は誰なのかというのは、ネットのネタバレで知ってしまったけど(くそっ!)ドラマの最後はオリジナルらしいので、美穂ちゃんとどうなるのかが見ものです。

どうか救われるラストにして欲しい。

ドラマを見ながら、ビールがすすむ。

ちょっと体重も増えてしまったし、肝臓や内臓脂肪も気になるから少し控えていかなくては。

タウリンやオルニチンが良いと聞いたので、こちらを試してみようと思う。